決断力を鍛える2つのトレーニング

迷える子羊のイラスト

日々の生活のなかで自分に決断力がないと感じることは、誰にでもあることではないでしょうか。

たとえば、ランチのメニューになにを注文するかといった小さなことから、転職や結婚といった重大な決断まで、人生はつねに迷いの連続。

ですが、頭がよく物事を慎重に判断するひとほど、失敗を怖がり、なかなか決断できない傾向にあるようです。

慎重なのはいいことですが、考えすぎた結果、せっかく訪れたチャンスを逃してしまっては、モッタイナイですよね。

そんなことにならないために、わたしたちはいつも意識して決断力を鍛えておく必要があります。

決断できないのは「恐怖」を感じているから

あらゆる物事を決断できないのは、決断することに「恐怖」を感じているからです。

「もし失敗したらどうしよう」という内側に潜む恐怖があなたを決断できなくさせます。

わたしたちは、どんなに小さな行動を起こすときにも、恐怖を感じます。その恐怖をできるだけ感じないような行動をとることが、結果的に決断力を高めることになります。

決断力とは「選択力」のこと

決断力とは選択する力、つまり「選択力」のことです。わたしたちは自分がもっている限られた情報をもとに、あらゆる物事を選択していかなければなりません。

ですが、その際に、選択するという行為そのもののリスクや、ほかの選択肢をえらんだ場合に見込める利益のことなどを考えすぎてしまうと、なかなか意思決定ができなくなります。これが、いわゆるオーバーシンキング(考えすぎ)というものです。

じゃあ、どうすればオーバーシンキングにならずにすむのか?

それは決断力を鍛えることです。

決断力を鍛える2つのトレーニング

決断力はトレーニングによって鍛えることができます。決断力を鍛えるトレーニングとしては、つぎの2つの方法が効果的です。

1. 決断のために小さな行動を起こす

わたしたちがいちばん恐れるのは急激で大きな変化です。そのような変化を避けるにはどうしたらいいか?

それは「小さな行動」を起こすことです。恐怖を打ちのめすための行動は、小さければ小さいほど効果があります。

たとえば、もし部屋に引きこもっていて、ドアのそとにでるのが怖いのなら、まずは一歩でも部屋のそとに踏みだすことが大事です。

でも、それもむずかしいのなら、最初はドアのところまで歩いてみる、それができたらこんどは靴をはいてみる、という感じでやってみます。

そうすると、部屋のそとにでる恐怖は、どんどん小さくなっていきます。

わたしたちがなにかしらの決断を下すときは、家に引きこもっているひとがそとに一歩を踏み出すときとおなじような恐怖がともなうと考えられます(恐怖の大小はありますが)。

その恐怖を、小さな小さな行動をいくつも重ねることで、すこしずつ克服してあげればいいわけです。

2. 決断の期限を決める

決断力を鍛えるもうひとつのトレーニング方法は、決断するまでの期限を決めることです。

たとえば、レストランでいつもメニュー選びにまよってしまうのなら、何分以内にメニューを決めるというルールを自分のなかで決めておくといいでしょう。

これは決断力を鍛えるのにはすごくいいトレーニングになります。

ちなみにわたしは、ひとりのランチときは、ほとんどメニューをみた瞬間に決めるようにしています。

店員さんがメニューとお水をもってきてくれて、「ご注文がお決まりになりましたらお呼びください」といって引き返そうとするタイミングでオーダーすることが多いので、ちょっと驚いたような顔をされてしまうこともあるのですが。

まとめ

このページのまとめ

  • 決断力とは選択する力のことをいう
  • 決断力はトレーニングで鍛えられる
  • 「小さな行動を起こすこと」と「期限を決めること」は決断力を鍛えるのに効果的

今回は、多くの人が悩みそうな決断力をテーマにしてみました。人生は決断の連続です。

決断は勇気を必要とします。ですが、怖いからといって決断しなければ、結果的に人生の大きな損失につながることもあります。

わたしも、この文章を書きながら、あらためて決断力を鍛える必要があるなあと感じました。

最後に、決断が苦手なあなたとわたしへメッセージ。

「行動は未来を切りひらくことができる唯一で最善の手段」