モーニングページから始めるベターライフのための習慣。

朝の風景

モーニングページという習慣が、いま注目されている。

モーニングページとは、朝の時間に思いついたことをノートに書いていくだけのことなのだけれど、これをつづけると、さまざまな「いい効果」があるといわれているからだ。

今回は、モーニングページのやり方や、その効果について紹介しよう。

モーニングページとは

モーニングページとは、作家ジュリア・キャメロンの著書 『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』 のなかで、創造性を発見するための習慣として書かれているノウハウだ。

モーニングページは、自分のなかの創造性を発見するだけでなく、心のデトックス、頭の中の整理、不安の解消、ポジティブマインドをつくるなど、多くの効果が期待できる。

モーニングページのはじめ方

モーニングページは、毎朝、心に浮んできたことをそのまま書いていくだけのシンプルなノウハウ。始めるのに必要なのは、ノートとペン、それにちょっとだけ早起きすること。

モーニングページは、朝の起き抜けの時間にスタートする。机に向かい、心に浮んだことを手を動かしながらノートに書きつづっていく。文章の長さは3ページといちおう決められているが、ノートの大きさや字数などは自由。

文章を書くのが苦手なひとは、はじめは100円ショップでも売られている小さなメモ帳のようなノートを、モーニングページ用のノートとしてえらぶといいかもしれない。

モーニングページはだれかに見せるものではないので、あらたまった文章にする必要はない。きれいな字を書かなくてもいいし、誤字脱字があってもかまわない。なぐり書きのような文字でも、ヨレヨレヘナヘナの字でもいいので、とにかく思いついたことをそのまま書いていく。

たとえば、きのうのうちにやり残したこと、いまたのしいと感じていること、不安に思っていること、連休の計画、日常の不満や怒りなど、とにかく思い浮かんだことを包み隠さずに書いていくのがモーニングページのコツ。

モーニングページは、醜悪なことや、だれかに読まれたら非難されそうなこともかまわず書いてしまえる。

書きためたノートはすぐには読み返さず、8週間がすぎてから、とおぼえておこう。

※ モーニングページをだれかに読まれたくない場合は、ノートの保管に注意しよう。

モーニングページの効果

モーニングページにはつぎのような効果が期待できる。

心のデトックス

不安、悩み、恐怖といった負の感情は、書きだすことで小さくなる。これは、「心のデトックス」効果で、負の感情を吐き出すことによって、心の中がすっきりするから。

頭の中の整理

書くことは頭の中を整理することにもつながる。ふだん悶々と悩みつづけてしまうようなことは、書きだしてしまうことで、自分が何を、どんなふうに悩んでいるのかを客観的に理解できる。

ポジティブマインド

モーニングページはポジティブマインドになれるという効果も期待できる。心に思ったことを書くということがそもそもポジティブだし、やりたいことや将来の夢など、自分の中のほんとうの気持ちと向き合うことができるのも、モーニングページのメリットといえるだろう。

創造的になる

書くということは、じつはクリエイティブな作業でもある。だからモーニングページをつづけていくと、自分の中のクリエイティブが刺激されて、さまざまな才能が開花されるのかもしれない。

モーニングページは応用も可能だ。たとえば、毎朝アイデアを3ページ書いてみたり、イラストを3枚デッサンしてみたり、曲のフレーズを3フレーズずつ作曲してみたり。3という数字を目安に、なにか創造的なワークを実践してみるといい「朝練」になるはずだ。

モーニングページからベターライフの習慣をはじめよう

朝は、睡眠で頭の中がいったんリセットされているので、自分と向き合うには最適な時間だ。

モーニングページは、基本的にはノートにペンで書くということになっているけれど、非公開のブログにアップしたり、Evernoteに書いて保存しておくなど、ほかにもやり方は考えられる。

朝のちょっとした時間を有効につかいたいのなら、朝活としてモーニングページをはじめてみてはいかがだろうか。