読書日記『荒くれ漁師をたばねる力』

うみねこ

荒くれ漁師をたばねる力 ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命」という本を読んだ。

ひょんなことから漁師たちの仕事を手伝うことになった、うら若き女性が、日本の水産の未来を変えるという大きなビジョンを描き、さまざまな困難に挑戦していくという物語。著者の坪内知佳さんは、この物語の主人公である。

いまでこそ坪内さんは日本の水産業のあらたな担い手としてメディアの注目をあつめているが、事業を開始した当初は、魚に関してはアジとサバの区別もつかないほどのズブの素人だった。

そんな彼女が、どのようにして荒くれ漁師たちをまとめあげ、業界に変革を起こしていったのか。そのようすを彼女自身の視点で振り返っている。

ストーリーは笑いあり・涙あり・感動ありの小説のようで、単純に読み物としておもしろい。かといっておもしろいだけでなく、ビジネスをまなべる要素がぎっしりとつまっていて、ビジネス書としての読みごたえもしっかりある。

ぼくは、この本を、ひとりの起業家の物語として読んだ。

当時、若干24歳の女性が、余命半年宣言から大学中退、離婚、シングルマザーでの子育てなど、数々の困難を経験しながら、体当たりで壁にぶつかり、壁をこわしていく物語は、読み終えたあとに、白熱したスポーツの試合を観終わったときのような、さわやかな感動を残した。

本のなかで、著者が自ら営業にかけまわって、一件でも多くの注文をとろうと奮闘するようすが描かれている場面があるのだが、その場面を読んでいるときは、思わず目頭が熱くなった。

それは、けしてかっこいいと表現できるものではなく、むしろ、かっこわるく、どこまでも泥臭い。

しかし、起業の本質というのは、むしろそういうところにあるのではないかとも思う。すくなくとも、ぼくはそう感じている。この本は、起業という行為がなんであるかを、あらためてぼくに理解させてくれた。

この本は、近年なかなか出会えなかった格別な良書だった。ふだん、ぼくは本を流し読みする程度で、二度よむことはまずないが、この本は二度読んだ。そして、二度目は内容がより深くはいってきて、なんどか胸が熱くなった。

起業や商売に関係ない人でも、この本からは生き方や人生をまなぶことができるだろう。

いま目の前の壁をこわして前に進もうとしているすべての人に、おすすめしたい一冊だ。