英語多読のイベントに行ってきました!

絵本

きのうは都内でおこなわれた英語多読のイベントに行ってきました。

参加したイベントは、英語多読の第一人者として知られる酒井邦秀さんのワークショップ。英語習得のワークショップに参加したのは、これが人生はじめての体験。

酒井さんは、NPO法人 多言語多読の理事長を務められており、かつては電気通信大学で教鞭をとっておられた方です。

英語多読の会場には親子づれやご年配の方、英語の先生もいらっしゃいました。

酒井さんはとてもバイタリティーにあふれる方で、ユーモアセンスも抜群。英語多読について、大きな声でいきいきと、たのしそうにお話しされている様子が印象的でした。

トークがあまりにおもしろいので、会場は終始、笑いのうず。わたしも2時間以上、ずっと笑いっぱなしでしたね。

酒井さんのような方が学校の英語の先生だったら、子どもたちはきっとみんな英語が好きになるんだろうなあと思ったのでした。

酒井さんが提唱する多読は、絵本からはじめて、やさしい英語でたくさん読むという英語習得のノウハウなので、子どもからお年を召された方まで、だれでもいつでも気軽にはじめることができるのが特長です。

英語多読のノウハウは、とにかくはじめやすい、というのがポイントなんです。

本を読んでいるときに知らない単語がでてきても、英語多読のやり方をするときは、いちいち調べたりしません。よくわからないところはぜんぶ読みとばすわけです。

知らない単語が出てきたら、なかったことにする!

そうして、その段落に書かれていることもわからなってきたら、その段落ごと、なかったことにする!

その段落がわからないと、その章もわからなくなるかもしれないけど、そしたら、その章は、なかったことにする!

酒井さんは、そんなかんじで、たのしく英語多読のやり方を説明してくださいました。

学校教育の英語学習は受け身ですが、英語多読は、なんかわかんなくても、とにかく先へ先へすすんじゃえばいいので、どこまでもポジティブな学習法です。こういうやり方だったら、わたしにもつづけられそうです

わたしは今日のまなびを、きっと実践しますよ。

まず、今まで英語の勉強をサボったことは、なかったことにする…

そもそも、英語習得の目標は、たてなかったことにする…

そして、英語をまなぶ必要性は、なかったことにする…

・・・!

英語多読、挑戦しててみますね~。