味噌汁が美味しくなる隠し味は〇〇だった!

味噌汁には家庭の味がそれぞれあり、隠し味なんかにもそれぞれちがったものを使っているものです。

 

今回は、ぼくがあるとき見つけた、顆粒だしの味噌汁がカンタンに何倍も美味しくなる隠し味を紹介したいとおもいます。

 

味噌汁が美味しくなる隠し味はコレ!

顆粒だしでつくったフツーの味噌汁にあるものを加えるだけで、アラ不思議!とっても美味しくなります。

 

そのあるものというのは「鰹節(かつおぶし)」です。

 

<材料>

  • 顆粒だし
  • 味噌(だし入りでないもの)
  • 鰹節(うすけずりのもの)
  • お好みの具材

 

つくり方はとってもカンタン。まず鍋に水を入れ、うすく削られた市販の鰹節をひとつまみ入れて火にかけます。

 

しっかり沸騰させたら、顆粒だしを入れ、味噌を溶かし入れてハイ出来上がり!

 

たったこれだけで、ただの味噌汁の味がプロの味、料亭の味に変わります。

 

1人分だけつくるときは、あらかじめお椀に味噌と顆粒だしを入れておけばOK。

 

あとはお好みの野菜や具をいれてもいいですね。鰹節は厚削りのものを使うとだしが出にくいので、お豆腐などにのせる薄削りのものを使うことが肝心。それと水からしっかり煮だすこともポイント。

 

顆粒だし・鰹節・味噌の分量はテキトーでいいですが、顆粒だしは入れすぎない程度に。

 

隠し味に鰹節を使うので、顆粒だしも鰹節の味を使うほうが相乗効果がでていいとおもいます。

 

最初にお鍋に入れた鰹節は取り出してもいいのですが、そうすると面倒なので、そのまま味噌汁の具にしてしまうのが自分流。

 

ちなみに、ぼくがこれをつくるときにえらぶ顆粒だしは、いつもヤマキのほんだしです。

 

市販のだし入り味噌を使う場合は、顆粒だしは入れなくてもOK(味が濃くなりすぎるので)。

 

いかがですか?カンタンでしょ??

 

このやり方、1人分でも本格的な出汁の味がたのしめるってとこがミソですね。

 

味噌汁が美味しくなる隠し味はプロも使っている?

ぼくが、このカンタンで美味しい味噌汁のつくり方に気がついたのは、定食屋さんでいただいた味噌汁がきっかけでした。

 

定食屋さんの味噌汁ってなぜか美味しいですよね。あの秘訣は何かなって、ずっと考えていたんです。

 

そしてあるときひらめいたんです。コレ、顆粒だしと鰹節の「ハイブリット味噌汁」なのではないかと。

 

こういうのって、やり方がわかれば単純なことだってわかるんだけど、自分ではなかなか思いつかないものですね。最初に考えた人はホントすごいとおもいます。

 

でも、お店の人には『これ顆粒だしに鰹節を加えてるんですか?』とは聞きませんでしたけどね。

 

まさかね・・・。

 

味噌汁が美味しくなる隠し味でお姑さんもビックリ!?

味噌汁はかならず出汁をとった味噌汁じゃなきゃ飲まないという人がいるじゃないですか。

 

ある芸能人のお姑さんがそうだったらしいんですね。そのお姑さんに、顆粒だしベースの味噌汁に隠し味の鰹節を加えてをお出ししたら、『あら、きょうのお味噌汁美味しいわね』ですって!

 

つまり、味にうるさい人も納得の美味しさということでしょうか。

 

ぜひお試しあれ。