【レビュー】稼ぐ言葉の法則|神田昌典

読書

reading

個人が自立して生きていくうえで、稼ぐための技術的な知識はじゃまにならない。

神田昌典さんの「稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41」という本をあらためて読んでみた。

著者は、日本を代表するマーケターとして知られる人で、ビジネス書の世界を変えた人ともいわれている。

「稼ぐ言葉の法則」という本は、タイトルのとおり、稼ぐためのテクニックや考え方が紹介されている本だ。

いまではコピーライティングの技術としてあたりまえのように使われている「PASONAの法則」も、この本のなかで解説されている。

売るための技術には、知的な側面、あるいは芸術的な側面というようなものが、たしかにあるような気がする。

この本を読んでいると、そういうものに対する好奇心が刺激される。そして、売るという行為が、いかにテクニックによって左右されものなのかを納得させられる。

ビジネスにかぎらず、スポーツや芸術などでも、テクニックは重要だ。ただ、テクニックの使いすぎが害になることも時としてあると思う。

ビジネスにおけるテクニックは、著者がいう、「顧客の痛みを自分の痛みとして感じられる感性」のもとに使われるべきであろう。

さもなくば、ビジネスが顧客の利益にならないだけでなく、売り手が自らの信用を失ってしまうことになり、ビジネス自体も健全なビジネスではなくなってしまうだろう。

この本のいちばん最後で、「儲ける」と「稼ぐ」のちがいについて説明している部分が興味ぶかい。

著者によれば、「儲ける」は信者から利益を得ることを意味し、「稼ぐ」は家族に糧をもたらすこと、さらには地域を繁栄させることを意味するという。

テクニックをいかに使うかで、じぶんのビジネスの姿が変わってくると、心にとめておきたい。