Windows10はブルーライトをカットする設定が簡単にできる!

ウィンドウズ10が搭載されたノートパソコン

Windows10は「夜間モード」という機能を使うことで、簡単にブルーライトカットができます。

ブルーライトをカットすることにより、画面の見やすさが変わって目への負担も軽減されると思いますので、まだこの機能を活用していない人は、ぜひこの機会に設定しておいてください。

Windows10のブルーライトをカットする設定

夜間モードをオンにするには、まず、ホーム画面右下のウィンドウマークをクリック。

つぎに、メニューから設定(歯車マーク)を選択。

「ディスプレイ」の設定画面に「夜間モード」というボタンがあるので、それをスライドして「オン」の状態にします。

これだけで、画面の色彩が暖色系に変わり、ブルーライトが軽減されます。

夜間モードの詳細設定でより見やすくする

夜間モードは、詳細設定をすることで、より自分好みにすることが可能です。

詳細設定をするには、夜間モードをオンにするボタンの下にある「夜間モードの設定」をクリック(上の図を参照)。あらわれた画面で、色温度(色味)の調整や、夜間モードの時間の設定などができます。

夜間モードの見やすさを調整するコツ

夜間モードは簡単にブルーライトをカットできる便利な機能ですが、この機能をオンにすることで画面がかえって見づらくなってしまったという声もときたま聞こえてきます。

その場合は、上で説明した「色温度」と画面の明るさの調整をすることで見やすくなるはずです。

画面の明るさは、Windowsの場合は「F12」で明るく、「F11」で暗くすることができます。

夜間モードは日中も使える!

夜間モードは、夜だけでなく日中に使ってもかまいません。

日中もブルーライトが気になる人は、ぜひ試してみてください。

ぼくもそうしていますが、夜間モードをつねにオンにしておくほうが、目がずいぶん楽なような気がします。

日中は部屋の明るさの変化によって、画面の見やすさも変わってくるので、色味の調整と明るさの調節をこまめにすると、より快適にWindows10を使えると思います。