ズージャーのリズムでスィースィー

ジャズのイメージ

 

人生は気楽にいきたい。ふかく思い悩んだり、なにかについてアツく語ったりすることなく。

 

恋だとか愛だとか、どこまで生きるのかとか、世の中がどうしたとか、そんなことはどうでもいいことだ。

 

ただ、陽気な音楽につつまれて、イキな冗談をとばして、口笛なんかを吹きながら生きていきたい。

 

――そんな気分にちょうどいいのが、ジャズという音楽。ぞくにいう「ズージャー」だ。

 

ズージャーは身構えないところがいい。演奏するほうも聴くほうも、あまり真剣でなくていい。

 

流行歌は、どこか思いつめたような曲が多く、おとなにはすこし疲れる。ぼくも、ようやくそんな年頃に近づいてきた。

 

子どものころには、さほどいいとも思わなかったものが、いいと思えてくる。それが歳を重ねるということなのか――。

 

できることなら、ズージャーのリズムにのって、スィースィーと人生をすべるように生きていきたいと思うようになった。

 

だけど、ロックやポップスに対する未練も、まだ完全に消えたわけではない。ぼくの年齢は、そういう年齢なのだ。思春期にも似た、複雑なおとしごろである。

 

ロックやポップスのなかにある、純情のようなものが、まだじぶんのなかに響いてきて、心揺さぶられることもあるからこまる。

 

まだ、おとなになるのは早いということなのかもしれない。

 

でも、やっぱり歌は、聴くのも歌うのも陽気なほうがいい。だからやっぱりズージャーが、ぼくの人生に寄りそう音楽としては、いちばん合っているような気がしている。

 

最近、日本にもズージャーらしき音楽がたくさんあることを知った。三味線一本でうたわれる大正演歌などは、ズージャーに近いものを感じる。土取利行さんや松田美緒さんなんかが、むかしの流行歌をうたっていて、いいなぁと思う。

 

まだ、忘れていた…

 

日本のズージャーといえば…

 

やはり、あの曲…

 

植木等さんのスーダラ節だ。

 

スーダラ節は、本場にも引けをとらないズージャーのスタンダードといっていい曲だ。エンターテイメントでありながら、人生哲学をうたっている。

 

「ごーくろーさーん!!」

 

やっぱり、コレだな。