コーヒードリッパーはウォールナットが自分らしい選択。

大川コンセルブのウォールナットのコーヒードリッパー

一人分のコーヒーをいれるドリッパーをずっとさがしていたのですが、なかなか気に入ったものがみつからなくて。

でも先日、やっと良いものに出会うことができました。美しいウォールナットのコーヒードリッパーです。

コーヒードリッパーはウォールナットが自分らしい選択。

Less is more
1人分のコーヒーをいれるおしゃれなコーヒードリッパーがほしい。それも天然素材で、日本の職人の手仕事によってつくられたものを……

そんな想いでさがしもとめたのが、コップの上に直接のせることができる木のコーヒードリッパーでした。イメージしたのは、円形の穴にペーパーフィルターをセットしてお湯をそそぐだけのシンプルなドリッパー。

コーヒーをいれるには、すごくこった道具も高級な道具も、ほんらいは必要ないはず。そんな考えがぼくのなかにあって、シンプルな木のコーヒードリッパーをつかうことで、そのことをたしかめてみたかった。

千利休も「茶の湯とはただ湯をわかし茶をたててのむばかり」といっていますしね。

そんなふうに日常のちいさなことをシンプルにしていけば、人生もなんとなくシンプルになっていくような気がして。

大川コンセルブのウォールナットのコーヒードリッパー

大川コンセルヴ

ぼくが買いもとめたコーヒードリッパーは、大川コンセルブという企画に参加している佐賀県の工房の職人さんが、手仕事でひとつひとつ丁寧にウォールナットを削りだしてつくったもの。

大川コンセルブのウォールナットのコーヒードリッパーは実用性にすぐれていますし、見た目の美しさもすばらしい。無駄のない、ほんとうのグッドデザインだとおもいます。

天然素材ですから、つかっているうちに風合いがましてきて、経年変化もたのしめそう。かるいので、オフィスや、ちょっとした旅行なんかにもっていくのもよさそうです。

布などのコーヒードリッパーはつかったあとの掃除がたいへんですが、これならペーパーフィルターごとコーヒーの粉をすてるだけなので手間いらず。

かんたんにコーヒーをいれられるので、ふだんコーヒーをいれてのむ習慣がないひとにもオススメです。このドリッパーには「コーヒーの美味しい淹れ方」という小冊子が付いていて、これをみれば、だれでも美味しいコーヒーがいれられるようになっています。

大川コンセルブのウォールナットのコーヒードリッパーは、コーヒー好きの彼氏やお父さんにプレゼントしたりしたら、まちがいなくよろこばれる逸品ですね。

ぼくのともだちに、来年の春こどもが誕生する夫婦がいるのですが、2人目のこどものお父さんになるひとには、これをプレゼントしようかなとおもっています。