失敗力を高める

窓のそとをみつめる女性


失敗するのって、とってもこわいですよね。
それは、だれもがきっとおなじではないでしょうか。

 

でも失敗もわるいことばかりじゃないかもしれませんよ。

ここでは、失敗力を高めることの大切さについて、わたしの気づきを書いておきたいとおもいます。

 

失敗力とは

教育ジャーナリストの中曽根陽子氏は、失敗力とは、失敗を恐れずに挑戦する力と定義しています。

AI時代の到来など、今後ますます変化のはやい時代になることが予想されますが、あらゆる変化に対応できる力こそ失敗力ではないかとおもいます。

 

時代の大きな変化のなかで、ふるい常識は通用しなくなりつつあります。

だからこそ、積極的に失敗をくりかえしながら自らの道を模索する力が、ライフスキルとしてもとめられているのです。

 

わたしたちおとなは、「そんなことして失敗したらどうするの?」といわれながら大人になってきました。

しかしこれからは、「あなた失敗が足りないわよ!」と叱られる時代なのかもしれません。

 

失敗力を高める

積極的に失敗する

物事をすすめるときの姿勢には2つのパターンがあって、ひとつは慎重に準備するパターン、もうひとつには即行動というパターンがあります。

これにはどちらが正解というのはないとおもいます。

 

ただ、完璧主義になってしまって行動できなくなるくらいなら、すぐに行動してはやく失敗してしまうほうが物事が早くすすむ場合だってあるはずです。

行動力のある若い人には、インプットなんて必要ない、必要なのはアウトプットだけだと断言するひともいますが、わたしの推測では、たぶんそういうひとは、きっとすごい勢いで失敗と修正をくりかえしているのだとおもいます。

 

これからむかえる混乱の時代では、勉強だけができる優等生よりも、野山をかけまわっていつも傷だらけになって帰ってくる子どものほうが、きっと強く生きていけるはずです。

会社組織においては、現状維持の姿勢をくずさない保守的な態度をとる人物よりも、じぶんから仕掛けて積極的に失敗をする人物のほうがもとめられるようになるとおもいます。

 

ぬいぐるみをもって落ち込む女の子

 

アウトプットのスピードを上げる

失敗力を高めるトレーニングとしては、どんどんアウトプットをすることがいいトレーニングになるとおもいます。

文章を書くときなら、最初から熟考するよりも、まず思ったことをなんでもいいので書いてみて、文章の骨格をさきにつくってしまうという感じでしょうか。

 

最初にできた文章は、とてもヒドイものになるとおもいますが、それを推敲していくほうが、完璧な文章を一度に完成させるよりも、完成するスピードがはやくなるということを感じます。

アプリ開発なんかでも不完全なものをベータ版としてさきに公開してしまって、そこから更新を重ねていきますよね。

 

そんなかんじでアウトプットのスピードを上げていけば、仕事の生産性もあがるとおもいます。

なにかの本でよんだことがあるのですが、ある会社では3割の完成度でもいいからアウトプットのスピードをあげることを優先しなさいという指示があるそうです。

(たしか楽天だったかな?)

 

仕事のやり方としては、不完全な仕事をすることを恐れないことも大事でしょうね。

とにかく、どんどんやってみるという姿勢が肝心かと。

失敗を恐れないといことを、野球のことばで表現するなら、「見逃し三振はダメだけど、空振り三振はOK」というかんじでしょうか。

 

手数をふやす

ビジネスシーンではチャンスを逃すことを機会損失といいますが、機会損失はなにもビジネスにかぎった話ではないとおもいます。

人生にはあらゆるチャンスがありますから、そういうものをできるだけ自分の手でつかんでいくためには、どんどん行動していろんなことに首をつっこんでいく「どん欲さ」も必要だなと、最近つくづくかんじています。

 

失敗から学ぶ

失敗は、失敗してしまったときにどんな気づきを得られるかで価値がきまるとおもいます。

「ああ、失敗しちゃった」だけなら、ただの失敗ですが、失敗から「じゃぁ、こうすればいいのか!」と気づけば失敗も宝に変わります。

 

失敗できないことも

失敗はためになりますが、失敗できないこともあります。

失敗できないことの代表は、やはり命にかかわることです。

 

たとえば、危険がともなう旅だとか冒険だとかは、だれもが安易に手をだすべきではないでしょう。

車の運転だって失敗すれば寿命を縮めてしまうことになりかねませんからね。

十分に気をつけたいものです。

 

おわりに

あなたは最近どんな失敗をしましたか?

わたしは旅さきにわずかな現金しかもっていかなかったこと。

 

周辺にはカードを使えるお店もお金をおろせるコンビニもない。

はてさて困ったな、となったのです。

 

旅慣れたひとなら、ぜったいにそんな失敗はしないでしょう。

でも、わたしは失敗することでひとつ学んだわけですから、失敗もまったくのムダだったとはいえません。

 

わたしの失敗にかぎらず、非日常の旅では失敗はつきものです。

だから、旅は失敗力を高めるのにはちょうどいい経験なのだとおもいます。