プロフィール写真を好印象にみせるテクニック?

子猫

あなたはだれかのブログや公式サイトなどで好印象のプロフィール写真に出会ったことはありませんか?

わたしは職業柄、いろんな人のブログをみていますが、数あるプロフィール写真のなかには、記憶にのこる好印象のプロフィール写真もあります。そして最近、好印象のプロフィール写真には共通した特徴があることがわかりました。

ここでは、「おもわず好印象を抱いてしまうプロフィール写真」の特徴について、取りあげてみたいとおもいます。

こんなプロフィール写真は好印象をもたれやすい?

「3B」にあてはまる写真

広告写真の「3Bの法則」をご存知でしょうか。

3Bとは、Baby(赤ちゃん)・ Beast(動物) ・Beauty(美人)の頭文字こと。

この3Bというのは、赤ちゃん・動物・美人の写真をつかった広告は人目をひきやすく、好感をもたれやすいという、いわば法則みたいなものですね。

赤ちゃんと動物と美人がきらいなひとって、あまりいないのではないでしょうか。広告写真に3Bの法則をつかうのが効果的といわれるのは、おそらくそういう理由です。女性向けの広告ならイケメンの写真なんかも、きっと効果的でしょうね(けっこうテキトーにいってます)。

3Bの法則は、プロフィール写真にも応用することができてしまいます。

たとえば、お母さん(またはお父さん)が赤ちゃんを抱っこしているプロフィール写真を掲載しているブログや公式サイトなどをみかけたことはありませんか?

3Bを無意識に取りいれている人もいるとおもいますが、印象アップの効果をねらって意図的に取りいれている人もたくさんいるとおもいます。

おなじように、3Bの法則を意図的にあなたのプロフィール写真につかえば、あなたに好印象をもつひとは増えるかもしれません。

ただし、このテクニックをつかうのなら、あざとくならないようにすることも大事ですね。

家族や社員の写真も好印象につながる?

たとえば、あなたがネットでりんごを購入しようとしているとします。サイトの説明を読んで、AとBの2つの農家の印象が良かったので、いずれかのサイトでりんごを注文しようとおもっています。

Aのサイトには代表者の顔写真しかみつかりませんが、Bのサイトには代表者のほかに、家族と社員がうつっている写真もみられます。

さて、あなたはどちらからりんごを購入したいとおもうでしょうか?

結論はハッキリしていますよね。

その人がどういうひとなのかを知るうえで、家族の存在は重要です。結婚相手をえらぶときは、そのひとの家族がどんなひとなのかをよくみなさい、なんていわれるのもそのためだとおもいます。

家族経営のお店のホームページなら、家族ひとりひとりの顔写真があるほうが、お客さんの好印象につながりやすいとおもいます。会社のホームページなら社員さんの笑顔の写真があるほうがお客さんは安心するものです。

ただ顔写真をネットにアップすると、拡散されたり、意図的に写真を編集されて悪用されてしまうリスクもでてきます。ネットの性質上、いったん写真が拡散されてしまえば、回収することはできなくなります。

ですから、顔写真をネットにアップするには、ある種の覚悟も必要です。ネットに他人の写真をアップするときは、そのひとから同意を得ることも忘れてはいけません。

また、じぶんの子どもの写真を載せる場合も、防犯上のリスクがともないます。子どもの写真をネットにアップするかどうかは、子どもの将来のことなども考えて慎重におこなうほうがいいでしょう。

わたしの印象に残ったプロフィール写真

先日、自宅ちかくで中古車を販売しているお店をネットで検索していたのですが、数あるサイトのなかで、ひと際わたしの目を引くホームページがありました。

そのお店のホームページには、小型犬を抱っこした男性店長さんの写真と笑顔の社員さんの写真が掲載されていました。

車屋さんのホームページというと、かっこいいスポーツカーなんかをおっきくみせているサイトが多いですけど、ペットを抱っこしている写真はみかけたことはありません。だからそのギャップが、とても印象に残りました。

あとでそのことを店長さんに話したら、「じつはあれは狙いなんです」とおっしゃっていました。

また以前、保険のベテラン営業マンで、飼い猫のプロフィールと写真を裏面に印刷した名刺をお客さんに配っていらっしゃる方がおられました。

営業マンはお客さんに好印象をもってもらうほうが売上があがる仕事なので、わたしはすごくいいアイデアだとおもいました。

そういえば……

このブログのプロフィール写真、まだつくっていませんでしたね。

そろそろ、なにか用意しなきゃいけないと思うんですけど…

でも、やっぱり悩むなぁ。