ガソリン価格比較アプリ「gogo.gs」が便利!

フィアット500

「ガソリン価格を比較できるスマホアプリがあったらいいのに」

そんな声に応えてくれるのが「gogo.gs(ゴーゴージーエス)」というアプリ。

「ガソリン代が高いなあ、なんとかならない?」というひとは、スマホにアプリをインストールしておくといいですよ!

わたしもこのアプリを使っていますが、とても便利なアプリだと思ったので、ここでも紹介したいと思います。

「gogo.gs」でガソリン最安値のスタンドをかんたんに探せる

「gogo.gs」を使えば、自宅周辺、旅先でもガソリン最安値のスタンドをかんたんに探すことができます。

アプリを起動すると地図上に現在地がしめされ、周辺のスタンドの場所とガソリン価格を地図上に表示してくれます。

ブランド・油種・セルフかどうかなどの条件を指定してスタンドを検索することも可能です。また、「現在地から近い順」「価格が安い順」にスタンドの一覧を表示することも可能です。

ただし、表示されるガソリン価格はリアルタイムではないことを付け加えておきます。

でも、周辺でガソリン価格がいちばん安いスタンドをさがすだけなら、価格情報がリアルタイムでなくてもまったく問題ありませんね。

地方のほうだと、このアプリで価格情報を取得できないスタンドがけっこうあったりもしますが、アプリがなければスタンドをみつけるのにさえ苦労することもあるわけですから、まあ、それもご愛嬌といったところですかね。

「gogo.gs」は、通知をデフォルトの状態のままオンにしておけば、明日からガソリン価格があがりそうなので、今日中にガソリンを満タンにしておいたほうがいいかも、なんていう事前情報をおしえてくれたりもするスグレモノです。

「gogo.gs」は会員登録やログインをしなくても使える

ゴーゴージーエスのアイコン

まず最初に「gogo.gs」をスマホにダウンロードします。

iPhoneユーザーは「App Store」から、Androidユーザーは「Google Play Store」からアプリをダウンロードしてください。

ダウンロードしたあとは、とくに設定などは不要です。どんどん周辺のGSを検索しちゃってください。

遠方のGSも地図上に表示できるので、旅行中の給油ポイントなどをあらかじめ確認しておけば、節約になるかも?

なお、ブランド・油種などを指定したいひとは、設定メニューから指定することができます。

「gogo.gs」は、説明が必要ないほど、だれでもかんたんに操作できます。スタンドをさがすだけなら、めんどうな会員登録やログインなども必要ありません。

ガソリン最安値のスタンドをさがすときは、ぜひ使ってみてくださいね!