波佐見焼の黄色いマグカップ

 

先日、うっかり手をすべらせて、長いあいだ使っていたマグカップを落として割ってしまいました。そのマグカップは地味な色のカップでした。

 

いつもなら、そんなとき、またおなじようなカップを時間をかけて探して、吟味して買うのですが、どういうわけかそのときは、すぐに頭の中に黄色いマグカップが浮かんできたのです。

 

翌日、近所の公園で開催されていた陶器市に、散歩の途中に立ち寄ってみると、前日に思い浮かべたカップと瓜二つのものを見つけました。

 

ぼくがイメージしたほぼそのままの波佐見焼の黄色いカップが2つ売られていたのですが、すこし考えてから、取っ手と底の部分のデザインがめずらしいほうのマグカップを、ほかの食器といっしょに購入しました。

 

黄色は普段なら選ばない色です。でも、不思議なことに、あたらしいマグカップは黄色がいいなっておもいました。

 

黄色は希望の色でもあります。希望って、ふつうのときに口にするとなんだか気恥ずかしいけど、弱気になって元気が出ないときにはいっしょうけんめいになって探してる。

 

春に生命力いっぱいに咲く菜の花も、真夏の太陽も、太陽に向かって伸びる向日葵も、みんな黄色。

 

身の回りにおいておく雑貨や小物のなかに、ひとつだけ黄色のものを取り入れてみる。

 

そうすると、なんかイイコトありそう・・・。

 

色が心にあたえる影響は大きいわけですが、けっきょくのところ、自分が望む色に心の色は染められていくものなんじゃないかなって、この頃はおもうようになっています。

 

 

余談となりますが、ぼくが陶器市で買った黄色のマグカップは、写真のとおり、フチのところの釉薬(ゆうやく)がはげています。コレ、釉禿げ(ゆうはげ)というらしいです。

 

むかしの茶人なんかは、こういうちょっと欠陥がある代物を好んだらしいんですよ。通好みというか、わかる人にはわかるみたいな。

 

現代ではこういう一般の市場には出回らない代物が陶器市などで売られることになっています。

 

世の中のメインストリームから弾かれたヤツが、まわりまわってぼくのところにやってくる。

 

なんかオモシロイですね、こういうの。