右クリックを禁止しないほういい理由とは

カフェでノマド作業

ネットでよく問題になるのがコピーコンテンツの問題。いっしょうけんめい書いた記事を、他人にそっくりそのままコピーされてネット上に公開されてしまうリスクというのも、まったくないわけではない。

WordPressには右クリックを禁止するプラグインを実装することもできるけれど、右クリックは禁止することは、あまり意味がない。

右クリックを禁止しても意味がない

コンテンツを盗まれないために、右クリックは禁止するほうがいいと考えかもしれない。ぼくもWordPressにプラグインを入れて右クリックができないようにしていた時期もあった。

でも、右クリックを禁止してもムダであることに、あるとき気がついた。

WordPressのプラグインで右クリックを禁止しても、コンテンツはかんたんにコピーできてしまう。

右クリックを禁止すれば、コンテンツのコピーをあきらめてくれるひとも一定数いるかもしれないけれど、Webコンテンツを盗もうとするひとたちは、WordPressのプラグインのコピーガード機能なんて、ものともしない。

だったら、どうぞコピーしてくださいと、なにも対策をしないほうが、いさぎよいではないかと、あるときからぼくは思うようになった。

それに、コンテンツをコピーするひとたちは、コンテンツを盗もうとする悪意のあるひとばかりとはかぎらないわけだし。

つまり、コンテンツを多くのひとに紹介するために、善意でコピーするひともいるということ。

これからのSEOにおいて、サイテイーション(ブログやSNSなどで引用・言及されること)という概念は重要といわれている。だったら、じぶんが書いた記事をかんたんにコピーできるように、右クリックは許可しておくほうが賢明だと思う。

プラグインの数を減らせば、サイトの動作も軽くなるし、マルウェアに感染するリスクもすくなくなる。

というわけで、右クリックは禁止しないほうがいい、というのが、ぼくの結論だ。

もちろん、じぶんのサイトのコンテンツが盗用されていないかをチェックしたり、もし盗用されてしまったときは、しかるべき手段をとることも必要だ。

でも、他人に盗用されるくらいのコンテンツは、なかなかのものである必要があるから、コピーされることを気にするまえに、まずはいいコンテンツをつくることに意識を向けるほうがいい場合もあるかもしれない。