パンづくりのイメージ

ストーリーを消費する時代

「平成最後の年」となった2018年の年末ぐらいから、あらゆるメディアがこぞって平成という時代の総括をはじめた。 平成はどんな時代だったのか、メディアの総括をみていると、いろいろな発見があったり、面白いことに気づいたりする...

寅さん論~もう寅さんのようには生きられない

「男はつらいよ」という映画が、いまふたたび多くの人に注目されている。この映画、若い世代の人たちからもかなりの反響があるようだ。 BSテレ東では「土曜は寅さん」と題し、毎週土曜日の夕方に一作ずつ男はつらいよを放送している。...

「イヤシロチ」と「ケガレチ」

図書館で家づくりの本を読んでいたら、自分のなかに衝撃が走るような気づきがあった。それも、点と点がつながるように、いままで家づくりに関して疑問に思っていたことが、すべて解決してしまうような気づき。 その気づきというのは、住...

「クロマティー的」人生哲学

そのむかし、ぼくが野球少年だったころ、巨人にクロマティーという選手がいた。野球好きでなくても、その名をおぼえているひとは多いだろう。 いまの野球界とおなじように、当時も、少年のこころに強烈な印象をあたえたスター選手がいた...

読書日記『荒くれ漁師をたばねる力』

「荒くれ漁師をたばねる力 ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命」という本を読んだ。 ひょんなことから漁師たちの仕事を手伝うことになった、うら若き女性が、日本の水産の未来を変えるという大きなビジョンを描き、さまざまな困...

会社辞めてもなんとかなるさ。

弟がとつぜん会社を辞めた。週末の食事会に顔をだしたときのこと。「取締役が『取り締まられ役』になっちゃったよ」と母。  「どういうこと?」 「○○が会社辞めたんだよ」 「ジョークにしてはシュールだね」 「ほんとに辞めたんだ...